fc2ブログ

バンコクの闇

2010.11.17.12:55

昨日、バンコクからインドネシアに向けて出発しました。
今はインドネシアのジャカルタのホテルで、飛行機を待っているところです。

実は、先日、バンコクの国際空港にアクセスする鉄道が開業しました。
ありそうでなかった、この鉄道、
これまでタクシーで片道350バーツ=2000円ぐらいかかってたところが、
たった15バーツ=50円ぐらいで空港まで行けるようになりました。

その窓から見えるもの、
正確には高架から見下ろした風景の中に見えるもの、
そこには、バンコクのスラム街がありました。

バンコクのスラムといえば、
映画化された小説「闇の子どもたち」にも出てきて、
かなり興味を持っていたのですが、
「闇の子どもたち」の舞台が90年代後半のためか、
急激に発展した2010年のバンコクでは、
それらしき風景が全然見当たらなかったんです。

でも、まだあった。

沼地の中に木の杭を並べて、
その上に、掘っ立て小屋が並んでます。

でも、この快適なエアコン完備の電車の中まで、
そこの臭いも騒音も入り込んではきません。

そこでどのような生活が起きているのか、
もし機会があれば、話を聞いてみたい。

メソットでも、ゴミ山に暮らす人たちがいます。
今はまだ、自分にそこまで手を拡げる余裕がないのですが、
少しずつでも、自分の視線を拡げて行きたいです。

ちなみに「闇の子どもたち」
小説版も映画版も、かなりショッキングな内容ですが、
主人公の女の子が住む地域は、タイ北部、
ちょうどメソットと同じようなところです。
多くの女性が、ある人は親に売り飛ばされ、
ある人は誘拐され、
バンコクに売られていく、
そしてその多くがHIVに感染してしまう、
そこに書いてあることが現実なんだと、
メータオでのHIV陽性患者の率の高さをみると実感してしまいます。
スポンサーサイト



日本語→英語 自動翻訳
Click it and Translate to English Automatically
English
♥. ♠. ♣Alice
プロフィール

ハマダラカ

Author:ハマダラカ
職業:元小児科医、現在なんでも屋的医師を目指して修行中
日本を、そして海外を、自由に移動しては、
働いたり遊んだりの、
自称フリーター医師。
しばらくタイにあるビルマ難民向け病院でボランティアしてましたが
現在岩手県の被災地にある病院に来ました
関西人のつもりですが、心のふるさとは北九州市
facebookはこちら↓
Toru Yoneda

Create your badge

月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
ブログラム
ブログラムに投票してくださる方、 こちらからお願いいたします。
a href="http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=104972#ref=vote">blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
★超便利★ブックマーク登録
ここをクリックすると、簡単にブックマークに登録できます
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR
RSSリンクの表示