fc2ブログ

2人目の息子

2011.06.27.00:41

5月の終わりに、一人の男の子が入院してきました。

もともと、原因不明の病気で肝臓が悪くて、全身黄疸で真っ黄っ黄なんですが、
熱が上がって、その後から、
全身の皮膚に小さな塊がいっぱいできたり、
青あざができたり、
関節が痛くて曲げられなくなったり、
もちろん、ぐったりして、ご飯も食べられません。

症状を毎日見ても、いまいち、何が起きているのかよく分らない。
ただ、肝臓の調子が、いつも以上に悪いことは間違いなさそうです。
鼻血がでたり、歯ぐきから血がでたり、
全身で血が止まりにくい状態になってるようですが、
血液検査をしても、出血を止める血小板という数字は正常です。

血液が固まりやすいかどうかの検査は、
普段はうちの病院ではやっていません。

あれやこれやと悩んでいて、
このままだと肝臓がだめになって、命も危ないんじゃないか、
あの皮膚の下にできた塊は何なんだ?皮膚の結核?心臓にバイ菌が付いた?
そもそも、何で肝臓が悪いんだ???

そんなことを考えているうちに、
1週間したら、いつのまにか自然によくなって退院してしまいました。

・・・??

ところが、6月の後半に、また同じように具合が悪くなって、再入院。
今度は、口から血を吐いたりと、前以上に激しい症状です。
肝臓が悪くなると、門脈という血管の血流が流れなくなるせいで、
血を吐いたり、お尻の近くから出血したりするのですが、
それを示すような症状はない。

すると、病院のスタッフのナンバー2で、
誰にどの検査をして良いか、を取り仕切っている人が、
血液の固まりやすさを調べる検査をしてくれて、
しかも、血液を止まりやすくする薬も使わせてくれました。
その薬はビタミンKといって、納豆の中に入っているんですが、
出血した時に、血液が固まって、出血が止まるようにする物質の材料になるものです。

結局、ビタミンKが効いたのか、自然に良くなったのか、その両方か、
今回も、無事に元気になってくれました。

DSC05489.jpg

頻繁にその子の診察に通ったせいか、
今ではすっかりなついてくれて、病棟に入った瞬間に駆け寄ってきて、
僕の手を引っ張って、あちこち連れまわそうとしたり、
遊んで~と目で訴えたり、
逆に僕が担いで連れまわしたり。
両親も、僕が一緒に遊んでいると、
この子の面倒を僕に任せて、ご飯を食べに行ったり、買い物に行ったり
するようになりました。

DSC05541.jpg

DSC05535.jpg

う~、このまま日本に、二人目の息子として、連れて帰りたい。
でも、症状が良くなって、元気になったら、退院、というのが病院のルールです。

患者さんが退院する時、もう悪くなって入院することはないように、と思う反面、
そうなると、もう会えなくなる、と思うと、正直ちょっと寂しい、というのが本音です。
今回は、医者らしいことは何もできなかったけど、
ただただ、一緒に遊べて、楽しかったよ。

DSC05540.jpg
スポンサーサイト



メソットの大雨

2011.06.27.00:11

昨日から、ここメソットは大雨が続いています。

もちろん、雨期の真っ最中なので、激しい雨はしょっちゅう降っているんですが、
今回は、その持続時間が違う。

普段なら、せいぜい30分程度で、雨の勢いは弱まるんですが、
昨日は1日中、激しい雨が降り続きました。

普段の雨をはるかに超える、タイの大雨。

病院の外来は、朝からガラガラ。
そして、敷地内には、あちらこちらに川や池ができていました。

小児科外来の婦長さんは、病院の敷地のはずれのあたり、
川沿いの、少し地面が低いところに家があるんですが、
なんと腰まで浸かるほどになってしまいました。文句なしの床上浸水です。
DSC05549.jpg
婦長さんによると、4年に一回、こうなるらしい・・・

僕も、朝は、普通に竹の葉っぱでできた笠をかぶり、自転車をこいで出勤したんですが、
帰る頃になると、町のあちこちで、マンホールの下から真っ黒い下水があふれてきて、
膝から腰まで浸かるぐらいになってしまい、
さあ、大変。

深い水の中を、自転車をこぐのは、かなり大変。
とうとう、一番水深の深いあたりでこげなくなってしまい、
腰まで水につかりながら、ザブザブと歩いて帰るはめになりました。

ちなみに、これはアパートからとった、川になった道路です。
DSC05556.jpg

タイの下水・・・当然、いろんな生ゴミや、ウ○コなんかがいっぱい流れてるんだろうな・・・
そんなことを考えながらザブザブ自転車を押して歩いていると、
周りの住民たちは、なんと、家の前まで出てきて、
ザブザブがんばってる通行人を見物しつつ、果物の皮をむいたり、魚をさばいたり。。。。

オイ! いくらあふれた水がゴミをきれいさっぱり流してくれるからと言って、
道路にゴミを流すのはやめてくれ~~

とはいえ、日本でも、ほんのちょっと前まで、
水洗トイレが普及していないところでは、
洪水のあとは、町じゅうがウ○コだらけになってたものでした。

水害の後に、いろんな感染症が流行するのが、良く分ります。
日本語→英語 自動翻訳
Click it and Translate to English Automatically
English
♥. ♠. ♣Alice
プロフィール

ハマダラカ

Author:ハマダラカ
職業:元小児科医、現在なんでも屋的医師を目指して修行中
日本を、そして海外を、自由に移動しては、
働いたり遊んだりの、
自称フリーター医師。
しばらくタイにあるビルマ難民向け病院でボランティアしてましたが
現在岩手県の被災地にある病院に来ました
関西人のつもりですが、心のふるさとは北九州市
facebookはこちら↓
Toru Yoneda

Create your badge

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
ブログラム
ブログラムに投票してくださる方、 こちらからお願いいたします。
a href="http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=104972#ref=vote">blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
★超便利★ブックマーク登録
ここをクリックすると、簡単にブックマークに登録できます
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR
RSSリンクの表示