fc2ブログ

遙かなるインパール・前篇

2011.07.05.23:52

先週末、タイに来て初めて、ちょっとしたタイの国内旅行に行きました。
昨年9月にメソットに来て以来、近くの町までふらっと旅行に行く、なんて
そんな時間的余裕も精神的余裕もなかったんですが、
7月3日は、人生初のフルマラソンに挑戦!!
ということで、メソットから北に向って山道を6~7時間車で走ったところにある、
メーサリアンという町に向かいました。

実は、7月3日は、タイの総選挙と重なってしまい、
マラソンは、地元当局の圧力なのか、中止になってしまったのですが・・・

でも、タイとビルマの国境地帯にある、落ち着いた田舎町・・・というのを想像して、
ここ数週間、毎日病院で残業(といっても7時までには帰ってますけど)続きなので
一度リフレッシュしたい、という思いがあって
マラソン抜きで、メーサリアンに向かいました。
メーサリアン、って、音の響きもいいですよね。。
天気が良ければ、一人で勝手にマラソンしようか、と
一応スニーカーだけはリュックに入れて持っていきました。

メーサリアンは、想像通り、落ち着いた、静かな田舎町で、
想像以上に、観光客が少なく、もちろん、観光客向けの施設もなく
周囲は雨期の青青とした山に囲まれ、
どうどう、と音が伝わってくるような、力強い流れの川が町中に流れています。
4時前に、早めにこの川沿いのホテルにチェックインしました。
この川は、サルウィン川という大河の支流で、
ホテルのテラスから見える川の向こうの山を越えると、
そのサルウィン川が濁流となって水しぶきをあげているはず。
そんなことを想像しながら、時間がゆっくりすぎていきます。

DSC05639.jpg
これがそのサルウィン川の支流。写真で見ると、ただのちいさな川ですが、
かなりの勢いで流れており、間近で見るとけっこうな迫力です。

DSC05642.jpg
なかなかきれいなホテルのテラス。奮発して、一泊500バーツ=1800円弱と
普段僕が泊まる宿の2~3倍のお金を払いました。

僕がこの地域に惹かれる理由、
それは、一つは、落ち着いた時間が流れているからですが、
もう一つは、かつての第二次世界大戦で、多くの日本兵がこの地を通ったこと。
松本零士の短編集「戦場漫画シリーズ」でも、
幾度もこのタイ~ビルマが舞台となって出てきています。
その、かつての日本兵が歩いた道を歩き、吸った空気を吸い、眺めた景色を眺めたい。
そうして、今の、平和な、とても平和な日本を生きる日本人として、
自分を見つめなおしたい。
当時の兵士の思いを想像しつつ、
今も激しい戦闘が続く、サルウィン川の対岸のビルマ奥地で、
毎日戦闘に明け暮れる兵士の思いも想像してみる。
普段の仕事を離れ、タイとビルマの国境地帯でしかできない、
こんな時間の使い方は、とても贅沢だと思います。
学生の時以来、度々タイやビルマに足を運ぶのは、
何をするわけでもなく、ただこんな風に思いに耽りたいからに他なりません。

旅のお供に持って行った本は、
イギリスによるビルマの植民地政策から、日本軍の侵攻、
対日蜂起からビルマ独立、そして現在に至るまでの近代・現代ビルマ史を説く、
根本敬著「抵抗と協力のはざま」
そして、戦記文学の傑作、伊藤桂一著「遙かなインパール」

宿に入ってからは、
ひとしきり窓の外の川の流れを眺めた後、
ただひたすら、本を読みました。
読み終えると、テラスに出て、暗闇に響く川の流れの音を耳にしながら
再び心の中の、想像の世界に潜っていきました。

幸か不幸か、メーサリアンはひたすら雨が降り続き、
翌朝は、とてもマラソンを走ろうと思える状態ではなかったのですが、
雨のおかげで、静かな町がより静かになり、
川はより一層激しく流れ、
僕は、ひたすら自分の世界に浸ることができました。

次の日のことは、また別の文章として書きます。
スポンサーサイト



日本語→英語 自動翻訳
Click it and Translate to English Automatically
English
♥. ♠. ♣Alice
プロフィール

ハマダラカ

Author:ハマダラカ
職業:元小児科医、現在なんでも屋的医師を目指して修行中
日本を、そして海外を、自由に移動しては、
働いたり遊んだりの、
自称フリーター医師。
しばらくタイにあるビルマ難民向け病院でボランティアしてましたが
現在岩手県の被災地にある病院に来ました
関西人のつもりですが、心のふるさとは北九州市
facebookはこちら↓
Toru Yoneda

Create your badge

月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
ブログラム
ブログラムに投票してくださる方、 こちらからお願いいたします。
a href="http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=104972#ref=vote">blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
★超便利★ブックマーク登録
ここをクリックすると、簡単にブックマークに登録できます
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR
RSSリンクの表示