fc2ブログ

冬が来た

2012.01.14.21:38

皆様、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

今週になって、ようやく年賀状を書き始め、
おととい、なんとか書き終わりました。

寒の入りを過ぎて書き始めたのは、
生まれてこのかた記憶にないぐらいの遅さです。
多くの方にお世話になっておきながら、
誠に申し訳ございません。

釜石は、お正月こそ、それほど寒くもなく、
まあ快適に過ごすことができましたが、

今週は寒かった。。。

どれほど寒いかと言うと・・・

冷蔵庫をあけると、生ぬるく感じます。

電源が切れていたのか、ドアが閉まってなかったのか、と
一瞬焦りますが、

単に部屋の室温が0度前後なだけです。

水曜日は当直だったのですが、
木曜日の夜中、当直明けで帰ったら、

台所の蛇口に、でっかいツララができてました。

やってしまった・・・
水道を凍らせてしまったよ・・・

トイレはもちろん完璧に凍ってしまって、使えません。
洗濯用にためておいた風呂水をバケツでトイレまで運んで流しました。

それでも、釜石は、「岩手のハワイ」なんて言われてるかどうかは知りませんが、
岩手の中では、ダントツに冬はすごしやすいところです。
内陸の方に出張に行った人が帰ってくると、
「釜石に来たら世界が違う。」
「ほんとに落ち着く」
と、みんなホッとするようです。
今日は出張で仙台に泊まりに来てるのですが、
釜石から峠を越えて隣の遠野市に入った瞬間、
雪景色に変わります。

僕は雪国で育ったので、雪が積もってるのは気にならないけど、
雪国で一番憂鬱になるのが、あの鉛色の空。
どこまでが地面でどこから空になるのか、良く分らない、
見渡す限り、グレーで鉛色の世界は、
ネバーエンディングストーリーにあった世界のように、
思わず絶望してしまいたくなります。

釜石をはじめ、沿岸部に来ると、
空が晴れている。
それだけで、充分贅沢な気分になれます。

東北の沿岸部に射す日の光は、
真冬を迎えた被災地への、せめてもの救いのような気がします。
寒さが厳しい仮設住宅で、みなさんが冬を少しでも暖かく越せるように、
祈ります。
スポンサーサイト



日本語→英語 自動翻訳
Click it and Translate to English Automatically
English
♥. ♠. ♣Alice
プロフィール

ハマダラカ

Author:ハマダラカ
職業:元小児科医、現在なんでも屋的医師を目指して修行中
日本を、そして海外を、自由に移動しては、
働いたり遊んだりの、
自称フリーター医師。
しばらくタイにあるビルマ難民向け病院でボランティアしてましたが
現在岩手県の被災地にある病院に来ました
関西人のつもりですが、心のふるさとは北九州市
facebookはこちら↓
Toru Yoneda

Create your badge

月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログラム
ブログラムに投票してくださる方、 こちらからお願いいたします。
a href="http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=104972#ref=vote">blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
★超便利★ブックマーク登録
ここをクリックすると、簡単にブックマークに登録できます
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR
RSSリンクの表示