fc2ブログ

患者さんの過去と未来

2011.09.21.21:15

あいかわらず、なかなかブログが更新できなくてすみません。

う~ん、やはり、想像してたとおり、毎日大変です。
特に先週までは、状態が不安定な患者さんが入院したりで、
いろいろ大変でした。
しかも、家に帰ると、独りでご飯をつくったり掃除をしたり・・・
ごはん食べて、お風呂に入ったら、もう何もする気力もございませんです。

久々に日本で真面目に医者の仕事を診察するのは大変です。
そして、大人の診察、大人の治療というのは、子ども以上に大変。

何が大変かっていうと・・・

考えなきゃいけない病気の種類が多いとか、
検査の結果の解釈の仕方も違うとか、

大学を卒業してから、ほとんど使ったことのなかった知識を、
久々に動員しなきゃならない。

個人的には、これはそれなりにトレーニングになるのですが、
患者さんから見ると、そんなことを言われると困るわけで、
僕が担当したから、治療がうまくいきませんでした、とならないように、
毎日必死。

でも、以前にも少し書きましたが、
大人の医療と子供の医療で、一番違うのは、その患者さんの背景です。

子どもの場合、少なくとも、子どもを育てる親、もしくは保護者がいることが前提です。
親と一緒に、子どもの将来を豊かなものにするために、全力投球でがんばります。
だから、そこには一種の一体感があって、患者さんと医療者でチームになって、
子どもの病気と闘います。
もちろん、子どもの未来に対する責任を100%背負い込んでの仕事なので、
責任感は半端ではありませんが、方向性は至ってシンプルです。
未来に目をむけて、家族と一緒にがんばるだけです。

一方、大人の、特に高齢者の医療の場合、
認知症のせいで本人とコンタクトが取れないことが多々あるし、
だれも家族がいないことも多々あるし、
そして、病院の診察室や病室に持ち込まれるのは、
患者さんの過去、つまり、患者さんが辿ってきたこれまでの人生です。
もちろん、将来を見据えて治療方針を建てて、
目指すべき未来を目指して、退院するわけですが、
そこには過去がついて回ります。

昔だったら、自宅で「老衰」としてなくなっていたであろう方が、
自分の意志というよりは家族の意思で病院に連れてこられ、
治療を受けて、自宅ではなく施設に行く。

初めのうちは、この流れがなかなか理解できませんでした。

でも、人の命って、その人のものだけではなくて、
家族やその人の周りの人間のものでもあるような気もします。
いろんな人に支えられての命であり、
家族なり地域なり会社なり、何らかの社会の一員としての命であるなら、
誰かの命というものは、その人に関係する人全員のもの
そのように、少しずつ思えてきました。

この病院に来て、直接、誰かが亡くなる瞬間にまだ立ち会っていませんが、
患者さんの世話に汗を流している家族の人たちや、
面会に来たお見舞いの方たちを見ていると、その思いはより強くなります。

これまで生きてきた過去があって、今がある。
それを踏まえて、今後のことを考えなければならない。
どのように残りの人生を生きて、どのように死んでいくのか。

ビルマ難民との生活では、人の死はそれなりに身近でしたが、
安らかな死に方、ということに関しては、全く何もできなかった。
人が死ぬということを皆が避けて生活している日本で、
いかに、みんな一丸となって、残された人生を
少しでも良いものにできるか、
医学の勉強と並行して、もっと毎日考えていかないといけません。

・・・と思いながら、毎日疲れて寝てしまってるんですけどね。。。
スポンサーサイト



comment

Secret

日本語→英語 自動翻訳
Click it and Translate to English Automatically
English
♥. ♠. ♣Alice
プロフィール

ハマダラカ

Author:ハマダラカ
職業:元小児科医、現在なんでも屋的医師を目指して修行中
日本を、そして海外を、自由に移動しては、
働いたり遊んだりの、
自称フリーター医師。
しばらくタイにあるビルマ難民向け病院でボランティアしてましたが
現在岩手県の被災地にある病院に来ました
関西人のつもりですが、心のふるさとは北九州市
facebookはこちら↓
Toru Yoneda

Create your badge

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブログラム
ブログラムに投票してくださる方、 こちらからお願いいたします。
a href="http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=104972#ref=vote">blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
★超便利★ブックマーク登録
ここをクリックすると、簡単にブックマークに登録できます
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR
RSSリンクの表示