fc2ブログ

お香の香りと笑い声

2012.03.11.19:43

今日は、みなさんご存知のとおり、3月11日。
あの地震と津波から1年が経ちました。

地震発生の時刻の時は、
外に出てると、津波に襲われそうな気がして、
家から出れませんでしたが、
その時間が過ぎると、もう一度大槌の町を見たくなって、
大槌に向かいました。

2時46分は、地震発生の時刻であって、津波襲来の時間ではないのですが、
不思議ですね。

途中、何台もの車やバスとすれ違いました。
被災した釜石の集落や、大槌の町に来ると、
そこには、大勢の人が集まっています。

震災後この土地を去って行った人も、
ここに残って、山奥の仮設に住んでいる人も、
かつては町だった、被災現場に集まって、
花を供えたり、
お香を焚いたり、

まるで、町全体が、
お彼岸のような、
そんな感じでした。

IMG_0229.jpg
IMG_0239.jpg

IMG_0249.jpg

IMG_0250.jpg
大槌町の旧役場前には、行くあてのない車の残骸が並んでいます。

IMG_0254.jpg
IMG_0256.jpg
地震直後からこの役場の前で会議をしていた大槌町では、町長をはじめ幹部の多くが亡くなりました。

IMG_0246.jpg
IMG_0261.jpg
IMG_0269.jpg
IMG_0282.jpg

建物の基礎だけが残り、古代遺跡のような、かつての町並み

IMG_0271.jpg
IMG_0272.jpg
IMG_0278.jpg
大槌駅の駅舎はなくなり、そこに駅があったと知らないと、駅の跡地に行くのは困難です。

でも、確かに、今はだれも住んではいませんが、
それでも、この地には、大勢の人が訪れて、
お花を供え、
お香を焚いて、
子どもたちは、元気に走り回っていました。

鮮やかな色彩と、お香の香りと、子どもたちの笑い声。

コンクリ色の静寂が支配するこの空間が、
少しだけ、明るくなったような、
そんな一日でした。


明るいほうへ
明るいほうへ。

一つの葉でも
陽の洩るとこへ。

やぶかげの草は。

明るいほうへ
明るいほうへ。

翅は焦げよと
灯のあるとこへ。

夜の虫は。

明るいほうへ
明るいほうへ。

一分もひろく
日のさすとこへ。

都会(まち)に住む子らは。

ー金子みすず 「明るいほうへ」



少しでも多くの人が、
明るいほうへ向くことができますように。
スポンサーサイト



comment

Secret

日本語→英語 自動翻訳
Click it and Translate to English Automatically
English
♥. ♠. ♣Alice
プロフィール

ハマダラカ

Author:ハマダラカ
職業:元小児科医、現在なんでも屋的医師を目指して修行中
日本を、そして海外を、自由に移動しては、
働いたり遊んだりの、
自称フリーター医師。
しばらくタイにあるビルマ難民向け病院でボランティアしてましたが
現在岩手県の被災地にある病院に来ました
関西人のつもりですが、心のふるさとは北九州市
facebookはこちら↓
Toru Yoneda

Create your badge

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
ブログラム
ブログラムに投票してくださる方、 こちらからお願いいたします。
a href="http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=104972#ref=vote">blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
★超便利★ブックマーク登録
ここをクリックすると、簡単にブックマークに登録できます
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR
RSSリンクの表示