fc2ブログ

秘境・カレン族の住む村々

2011.02.16.00:29

先週末、カレン族の村々に連れて行ってくださったのは、
カレン族出身のローシャンさんです。

R1011701.jpg

村は、標高500~1000mの山々にあります。

100_3167.jpg

そして、周囲との接触を避けて、ひっそりと暮らしています。
そう、道なき道、という訳ではないですが、とっても道が悪い。

100_3037.jpg
砂にはまるとスリップしてしまい、足で地面を蹴りながら坂を登ってるところ。

100_3024.jpg
狭いオンボロ橋を渡ってすぐの急な坂を登り切れずに、押して登ってるところ。
狭い道で、しかも谷底に向かって道が傾斜しているので、落っこちそう・・・

100_3045.jpg
今は水が少ない乾季ですが、それでもいくつも川を渡りました。
苔がツルツルすべったり、石がグラグラしたり落とし穴があったりと
川を渡るのはドキドキです。
見た目は絵になるんですけど。

100_3268.jpg
こんな道でも立派な道。

100_3270.jpg
今回の一番の難所。急坂をダッシュしながら、
アクセル全開のバイクを押して上がろうとして、上がれずに滑り落ちてるところ。

100_3462.jpg

100_3453.jpg
でもたまには気持ちのいい景色を楽しめるときもあります。

R1011723.jpg
川原でタイ風ちまきを食べてる、同僚のクリス。

100_3473.jpg
このつり橋は、ちょっとでも真ん中から外れると、橋げたが傾くという、
テレビゲームみたいな橋でした。
バイクの教習所で、「一本橋」という課程があって、
こんなところ走る訳ないやろ、って思ってましたが、まさにそんな所を走るとは。

R1011715.jpg
仕事帰りのカレン族の人たち。

R1011800.jpg

R1011718.jpg
あたりには、「棚田」が広がってます。

R1011738.jpg

R1011842.jpg

R1011819.jpg

R1011832.jpg

R1011882.jpg
村に入ると、そこは巨大な養豚場+牛の放牧場、
そして犬や猫や鶏が縦横無尽に駆け回ってました。

R1011908.jpg

R1011888.jpg

R1011924.jpg

もちろん、子どもたちも。

まずは、この辺で、いったん終了。
今度は、村人たちの生活、そして一応医者っぽいこともやったので、
その写真を載せますね。
スポンサーサイト



comment

Secret

元気そうで

2011.02.16.22:49

なにより。凄い所行ってるね。
写真で見る分には楽しそう。
体に気をつけて下さい。

Re: 元気そうで

2011.02.17.23:27

> しいはら先生
確かに、めちゃめちゃ楽しんでます。
事故を起こさないように、初心者のスキーヤーみたいに
ゆっくり、びびりまくりで運転してました。
日本語→英語 自動翻訳
Click it and Translate to English Automatically
English
♥. ♠. ♣Alice
プロフィール

ハマダラカ

Author:ハマダラカ
職業:元小児科医、現在なんでも屋的医師を目指して修行中
日本を、そして海外を、自由に移動しては、
働いたり遊んだりの、
自称フリーター医師。
しばらくタイにあるビルマ難民向け病院でボランティアしてましたが
現在岩手県の被災地にある病院に来ました
関西人のつもりですが、心のふるさとは北九州市
facebookはこちら↓
Toru Yoneda

Create your badge

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブログラム
ブログラムに投票してくださる方、 こちらからお願いいたします。
a href="http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=104972#ref=vote">blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
★超便利★ブックマーク登録
ここをクリックすると、簡単にブックマークに登録できます
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR
RSSリンクの表示