fc2ブログ

カレン族の村・続編

2011.02.17.22:22

今回は、秘境に暮らす(なんて本人たちは思ってないでしょうが)
カレン族の村人たちの生活をご紹介します。

村の朝は、4時半~5時ぐらいから始まります。
女性たちが、臼を使ってお米を精米したり、唐辛子をつぶしたり、
「トン・・・・トン・・・・・」
という音が、やさしく響きます。

でも、実は、
ニワトリが鳴いたり、牛や犬が鳴いたり、
赤ちゃんが夜泣きしたり、と
夜通しいろんな鳴き声が響いているんですが。

R1011755.jpg
各家で、一斉にかまどの火をおこすので、
村は炊煙で煙たくなります。

R1011756.jpg
キッチンの屋根から煙がいっぱい上がってるのが分りますか?
家の中は、当然めっちゃ煙たくなります。

R1011794.jpg
分りにくいですが、煙が充満している「キッチン」です。

R1011763.jpg
これが精米用の臼。これでお米をトントンと叩いて精米します。
いい感じの、「三分づき」ぐらいのお米が出来上がります。

R1011761.jpg
標高が1000m近くあるので、朝はけっこう冷えますが、
家は風通しがいいというかスカスカな造りなので、そとで焚き火をしてあったまってます。

100_3122.jpg

これが、一回の食事。
山盛りのご飯と、野菜(というかその辺りに生えてそうな草?)の煮物。そして唐辛子。
私たちは特別な「お客様」なので、煮物中に、川で捕ってきてくれた小さなエビが入ってます。
冷蔵庫も何もないので、
一度食材が手に入ったら、全部食べるまで、同じ食材を朝昼晩と食べます。
つまり、しばらくはずっとほとんど同じメニュー。
果物のように見えるのは、ジャックフルーツという食べ物。かすかに甘酸っぱい。
100_3233.jpg
これは、同じく特別メニューの、魚の干物入りかぼちゃの煮物。若干カレー風。
めっちゃうまい!!

R1011823.jpg
女性の仕事の一つ、機織り。
基本的には、自分の家で使うものだそうです。

R1011942.jpg
子どもの仕事:妹や弟の世話。

R1011982.jpg
男たちは、村人総出で、ある一家の家を建ててました。
常に、お互い助け合って、共同で家を建てたり改築したりするそうです。
100_3435.jpg

R1011984.jpg
この若い人が、村長さん。一仕事終えて一服。

R1011965.jpg
村によって、宗教が決まってます。タイ~ビルマにかけては、19世紀から、
キリスト教の宣教師(もちろん政治工作員でもありますが)が布教活動に来ていたので、
村によっては、キリスト教の教会もあります。
R1011963.jpg
教会に来ていた子どもたち。
奥におられるのが神父様です。

もちろん、仏教の村もあるし、
シャーマン(祈祷師)による伝統的な精霊崇拝の村もあります。

100_3156.jpg
一応、医者っぽく働いているところ。

100_3082.jpg
お母さんに薬の飲ませ方を教えているところです。

100_3356.jpg
検診に来た子どもたち全員集合!!
スポンサーサイト



comment

Secret

日本語→英語 自動翻訳
Click it and Translate to English Automatically
English
♥. ♠. ♣Alice
プロフィール

ハマダラカ

Author:ハマダラカ
職業:元小児科医、現在なんでも屋的医師を目指して修行中
日本を、そして海外を、自由に移動しては、
働いたり遊んだりの、
自称フリーター医師。
しばらくタイにあるビルマ難民向け病院でボランティアしてましたが
現在岩手県の被災地にある病院に来ました
関西人のつもりですが、心のふるさとは北九州市
facebookはこちら↓
Toru Yoneda

Create your badge

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブログラム
ブログラムに投票してくださる方、 こちらからお願いいたします。
a href="http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=104972#ref=vote">blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
★超便利★ブックマーク登録
ここをクリックすると、簡単にブックマークに登録できます
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QR
RSSリンクの表示